HOME
ENGLISH
診療時間/10:00-13:00・14:00-18:00 休診日/月曜・火曜・祝日
岐阜県岐阜市神田町8-9白木ビル7F TEL:058-266-1555

症例紹介

治療の流れ

料金表

矯正歯科医会

中日本矯正歯科医会

日本矯正歯科学会

青空中抜き研究会

HOME»  症例紹介

デコボコ(叢生)の歯並びの治療1(メタルの装置の場合)

  • 治療前

    凸凹(叢生)が大きく、上下の中心の位置もずれています。

  • 治療開始

    上下左右小臼歯を1本ずつ抜歯し、そのスペースに向かって上の犬歯を後ろに下げ始めています。

  • 治療中

    上の歯全体に装置がつきました。下にはまだつけていませんが、唇や舌の力で自然に凸凹がほぐれてきています。

  • 治療中

    下の歯にも装置がつきました。凸凹がとれたら噛み合わせを合わせていきます。上下の中心も合ってきました。

  • 治療後

    装置が外れました。きれいになった歯並びと噛み合わせ合わせが安定するまで夜間保定装置を使います。
     

  •  
  •  
  •  
  • 主訴/初診時年齢 でこぼこ  /  13歳
    診断名 アングルⅠ級叢生
    主な使用装置 リンガルアーチ、マルチブラケット装置
    抜歯部位 上顎左右・下顎右側第1小臼歯、下顎左側第2小臼歯
    治療期間 2年半
    基本料金 77万円

デコボコ(叢生)の歯並びの治療2(クリアな装置の場合)

  • 治療前

    凸凹が激しく、八重歯になっています。

  • 治療開始

    上下左右小臼歯を1本ずつ抜歯し八重歯を下ろしています。装置は透明のものをつけています。

  • 治療中

    上下全体に装置がつきました。凸凹していた歯がかなり並んできました。

  • 治療中

    大分噛み合わせも合ってきました。もう少しで装置も外せます。

  • 治療後

    装置をすべて外しました。夜間保定装置を使っています。
     
     

  •  
  •  
  • 主訴/初診時年齢 でこぼこ  /  20歳
    診断名 アングルⅠ級叢生
    主な使用装置 ナンスホールディングアーチ、マルチブラケット装置
    抜歯部位 上顎左右・下顎左右第1小臼歯
    治療期間 2年半
    基本料金 77万円

出っ歯(上顎前突)の治療例

  • 治療前

    上の歯が前に飛び出ています。このような歯並びの人は、転んだ時に前歯を打って折れたり欠けたりしやすいです。 

  •  
  •   
  • 治療後

    上下左右小臼歯を抜歯して治療しました。上顎の成長が大きくなりすぎないように取り外しの装置も使いました。
  • 主訴/初診時年齢 出っ歯  /  13歳
    診断名 アングルⅡ級叢生
    主な使用装置 ナンスホールディングアーチ、マルチブラケット装置、ヘッドギア
    抜歯部位 上顎左右第1小臼歯、下顎左右第2小臼歯
    治療期間 2年半
    基本料金 77万円

受け口(下顎前突)の治療例

  • 治療前

    受け口(下顎前突)の状態です。

  • 治療後

    下の歯が上の歯の内側に入っています。この患者さんの場合は抜歯をせずに治療しています。

  • 主訴/初診時年齢 受け口  /  18歳
    診断名 アングルⅢ級反対咬合
    主な使用装置 マルチブラケット装置
    抜歯部位 非抜歯
    治療期間 2年
    基本料金 77万円

前歯が閉じない歯並び(開咬)の治療例

  • 治療前

    奥歯は噛んでいても前歯が開いていて、前歯でものが噛み切れません。

  • 治療後

    上下左右の小臼歯を1本ずつ抜歯して治療しました。前歯で噛み切れるようになりました。

  • 主訴/初診時年齢 前歯で咬めない  /  11歳
    診断名 アングルⅠ級開咬
    主な使用装置 トランスパラタルアーチ、マルチブラケット装置、ヘッドギア
    抜歯部位 上下顎左右第2小臼歯
    治療期間 3年
    基本料金 75万円

すきっ歯(空隙歯列)の治療例

  • 治療前

    歯並びの全体に隙間がみられます。舌で歯を押す癖があるようです。

  • 治療中

    下の歯から装置をつけていきます。舌を前に出さない様にトレーニングも並行して行います。

  • 治療中

    上下に装置がつき、隙間はほとんどなくなりました。

  • 治療後

    装置が外れました。後戻りを防ぐため、取り外し式の装置を夜間使用しています。

  •  
  • 主訴/初診時年齢 歯のすきま  /  18歳  
    診断名 アングルⅠ級空隙歯列弓  
    主な使用装置 マルチブラケット装置 (筋機能療法)
    抜歯部位 非抜歯  
    治療期間 2年  
    基本料金 66万円  

むし歯により、歯を喪失した症例

治療前

下顎左右第一大臼歯(6才臼歯)は、ムシ歯により早期に抜歯が行われ、その後放置されたため、後方の歯が前方に倒れてきています。(※黒矢印部分が該当箇所です)

治療後

後方の第二大臼歯(12才臼歯)、第三大臼歯(親知らず)をそれぞれ直立させて前方に移動し,隙間を閉じました。上顎では第一小臼歯を抜歯し、出っ歯も改善しました。(通常、第三大臼歯は抜くことが多いですが、この症例では失った歯の代わりに使うことができました。また、隙間を閉じることで、ブリッジなどの人工歯を必要としませんでした。)(※黒矢印部分が該当箇所です)

  •                     
      主訴/初診時年齢 出っ歯  / 19歳    
      診断名 アングルⅡ級下顎第1大臼歯喪失を伴う上顎前突
      主な使用装置 マルチブラケット装置、ヘッドギア  
      抜歯部位 上顎左右第1小臼歯    
      治療期間 3年    
      基本料金 80万円    

特殊な例(歯が生えてこない場合)

  • 治療時

    上の前歯2本が生えてきません。

  • 治療中

    奥歯につけた装置から埋もれていた歯を下に引き出しています。

  • 治療中

    埋もれていた歯も含め、全体に装置がつき、きれいに並んでいます。

  •   主訴/初診時年齢 歯がはえない / 11歳    
      診断名     アングルⅠ級上顎前歯埋伏を伴う反対咬合
      主な使用装置     リンガルアーチ、マルチブラケット装置  
      抜歯部位 非抜歯    
      治療期間 3年    
      基本料金 77万円    

※元の歯並び、骨格などにより、治療結果には個人差があります。

PageTop